上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
一年後・・・。

「タカがいなくなると寂しくなるな。まさか本気だったとはな・・・。」
「言ったじゃないですか!本気だって(笑)」
「言ってたけど。でも、ホントに良いのか?せっかく店長まで慣れたのに。」
「何言ってるんですか、石川さんらしくないっすよ。」

「ばか、オレは現実主義者だっての。」
「ははは、確かにそうっすね。」
「借金はもう全部返し終わったのか?」
「おかげさまで、全部返済して、今は貯金もありますよ。」

「そっか。頑張ったな。」
「みんなのおかげですよ。僕、イエスで働いてホント良かったです。
 人生で大切なことをたくさん学ぶことが出来たと思います。」
「お前なら、うちじゃなくても大丈夫だったよ。」
「石川さんは、水戸に行くんですか?」

「いろいろ考えたけど、水戸の立ち上げに成功すれば、いよいよ支社長も夢じゃなくなるからな。」
「ってことは、勝算ありってことですね?」
「そんなとこだな。タカも一緒に連れて行きたかったけどな。」
「石川さんなら、僕がいなくても大丈夫ですよ。」
「当たり前だろ!イジメる奴がいないから連れて行こうと思っただけだ。」

「ははは。でも、石川店長、ホントいろいろありがとうございました。
 向こうに行ってもメールしますね。」
「おう。金髪ギャルの写真も一緒に送ってくれ。」
「それが目的じゃないですからね。」
「そっか。楽しんでこいよ!」
「はい、ありがとうございます。行ってきます。」


僕は約二年働いたイエスグループを辞めた。


それから一週間後、僕は千歳空港に居た。

チェックインカウンターで搭乗手続きを済ませ、搭乗口へ向かった。
これまでずっと心に描いていた夢が叶う喜び、自分を大きく成長させてくれた北海道の地を離れる寂しさ
そして他人と比較した時に自分の選択は正しかったのかという不安とが入り混じった複雑な心境だった。

そんな僕を勇気づけてくれたのは
いつも彼らだった。


「正太郎!正太郎!」


どこからか、僕の名前を呼んでいる声が聞こえてきた。
僕は辺りをキョロキョロと見渡した。
周りに居た人間も同じようにしていた。

10メートルほど後ろにいる3人の男が、手を振りながら小走りで近づいてきた。

「良かったべ!間に合った。」
「幸洋、お前が遅れたせいだぞ!」
「うっせーよ、勘治。お前がコンビニで早く選ばねーからだろ!」

「おおぉー。お前ら、何でいんの?」
僕は喜びを隠さなかった。

「決まってるべ、正太郎。お前の見送りだよ」
「ま、言いだしっぺは誰か言わなくてもわかるだろ。
 シゲと幸洋は近くだからイイけど、オレはわざわざ旭川から出てきたんだからな!」

「お前、こっちで用事があるって、おとついから札幌にいるだろ!」
「幸洋、何でお前はそういうことをバラすかな・・・。」


「シゲ、勘治、幸洋・・・マジでありがとうな。」


「シゲ」
何やら幸洋が合図を出すようなそんな素振りを見せた。
シゲはその合図に気づき、カバンから何やらゴソゴソと取り出した。

「正太郎、これ。」
そう言って紙袋を差し出した。

「邪魔になるかなって思ったけど・・・、向こうに行って使ってくれ。」

「僕は紙袋の中を覗いた。」
中には、新品のアディダスのジャージが入っていた。

「みんなからの餞別だ。あとこれも」
そうやって勘治は封筒を差し出した。

そこには
『体育研究室一同より』という文字が記されていた。

「女の子はみんな用事あって、行けなくてゴメンね、ってさ。」
「ホント、ありがとうな!マジで嬉しいべ。お前らと出逢えて良かったわ。」
「水臭いこと言うなよ、仲間だべ。」
「ああ、最高の仲間だ!」


新千歳空港発バンクーバー行きの飛行機に乗り込み
僕は人生で最も大切なことを学んだ大好きな北海道をあとにした。


僕の旅は始まったばかりだった。



あとがき

実は、このストーリーはモデルがいます。
名前こそ違いますが、何を隠そう僕自身の物語です。

正直、こんなことを世間に知らせるなんて恥ずかしいし、情けないと思いました。
でも、世の中にはきっと自分と同じように、失敗して何もかもおしまいと感じている人がいると思います。

この物語がそんな人達に
「正太郎に比べたら、自分の人生ってまだまだ大丈夫だな」って
一歩を踏み出す勇気を与えることが出来るかもしれないと思い書く事にしました。

この本はほぼノンフィクションです。
ただし、読者にとって読みやすくするために、起こった出来事の順番を変えたり、多少脚色している部分もあります。
それでも、実際に起こった出来事を書いているので、ぜひ読みながら自分ならどうするかということを考えて欲しいです。

そして「自分ならこうする」と考えた時に
『なぜ自分はその行動をとろうとするのか?』というところに着目して下さい。

人の行動には必ず理由があります。

心理学の一つに認知行動療法というのがありますが
『人は起こった出来事に対して感情を引き起こすのではなく
 その出来事に対してどう考えたかで感情が出てくる』というものです。

物語の中で、正太郎が成長していく様子を描いていますが
まさしくそれは『起こった出来事に対して、受け取り方を変えた』からこそ、成長することが出来たのです。

人は誰でも『成長したい』という欲求を持っています。
本来、『好奇心の塊』として人間は生まれてきます。

それが、成長していく過程で
良くも悪くも他者の影響を受けながら自分自身を作っていくのです。

当然、間違った影響を与えられれば間違った方向に進みますし
良い影響を与えられれば良い方向に進みます。
その結果が、今のあなたなのです。

でも、勘違いしないで下さいね。
選択権は常にあなたにあったはずです。

どこかで変えようとすればいつでも変えることができたはずです。
それをしなかったのはあなた自身です。

今日、この本を読んだあなたは、そのことに気づきました。
過去があるからこそ今がありますが、その過去を変えることはできません。
未来のことは誰もわかりません。
今はあなた次第です。

未来からすると、『今』は過去にあたります。
今を変えることは、未来を変えることにつながるのです。
「そんなことはわかってる。でも・・・。」と思っているあなた。
まずは、過去に起こった嫌な思い出を受け入れてみて下さい。
その嫌な過去に、そのおかげで今があると感謝してみて下さい。

それを繰り返していくことで
自分に起こる全ての出来事は自分の成長につながると思えるようになりますよ。

読んで頂いた皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。

この物語を天国にいるだろう大切な友人の恵美に捧げます。

これまで応援して頂きありがとうございます。

感謝
スポンサーサイト
2013.05.25 Sat l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
武内副店長の件以来、僕は何か悶々としたものを感じていた。
借金は着々と減っているし、仕事にも満足はしている。
副店長への昇格も見えている。

それでも、何か物足りなさを感じていた。

学習塾を始めた理由は、『成功したかったから』だ。
今、イエスグループで確実にその成功の階段を上っている。
しかし、心は満たされていなかった。

そんな時に、フラっと立ち寄った本屋で一冊の本に出会った。
星野道夫さんの写真集だった。
その表紙にはこんな言葉が書かれていた。


『さまざまな人生の岐路に立った時、人の言葉ではなく
 いつか見た風景に励まされたりすることがきっとある』


本を手に取り、開くと、そこには見たことも無い大自然の景色があった。
その瞬間、僕は心を揺さぶられ、ハッキリと自分の気持ちを思い出した。


『海外に行きたい』


人の欲望は果てしない、と言うより、きっと満たされる事はないんだと思う。
満たしても満たしても、また新しい欲が生まれてくる。

それは、まるで穴のあいたコップに欲望という水を注ぎ混んでいるかのように。
それでも、満足を感じている人は当然いる。

違いはいったい何なのか?
僕はやっとその答えに気づいた。


『人は満足を求めようとするから、もっと満足したいと思い、満足だと思えば満足する。
 誰かが、何かが、自分の心を満たしてくれるのでは無い。
 自分で自分の心を満たすかどうかなのだ。』


4疊半の風呂無しで共同トイレの部屋に住み、車はもちろん、テレビすらない。
それどころか数百万の借金さえある。
普通なら、世の中の他人の生活と比較して、こんな「不幸な自分」に哀れみを感じるだろう。

しかし、僕はその生活に十分満足していた。
安心して寝る所があり、ご飯を食べる事ができる。
そして、仕事があり、何よりも素晴らしい友達や家族がいる。

人は生まれて、生きて、死ぬ。
ただそれだけだ。
自分を幸せにする方法は、自分が一番知っている。
本気で叶えたい夢に向かって、僕も一歩を踏み出した・・・。

=======================================

続きが気になるという方は
下の【拍手】【ツイート】【いいね!】をクリックして頂けると励みになります。
また、ブログやメッセなどで知人や友人に紹介して頂けると嬉しいです。

この物語が、あなたのお役に立てれば幸いです♪

読んで頂き感謝致しますm(_ _)m

=======================================

ブログランキングに挑戦中!
気になる順位は・・・

↓クリックすると見れまーす♪

ブログランキング 

ありがとうございますm(_ _)m
2013.05.25 Sat l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昇進したのは僕だけではなかった。

石川さんも主任から副店長になった。
副店長以上になると完全に店舗運営を任される。

それはこれまで以上に石川カラーが店に反映されるということだった。

石川さんのやり方は常にシンプルだった。
『行動して検証する』たったそれだけ。

単純な方法だが、店は確実に売上を伸ばしていった。

2ヶ月目には、初めてその月のグループ売上一位を達成し
その翌月には、イエスグループ札幌の月間売上記録を更新した。
その後、順位を2ヶ月連続で4位まで落ちたが、それでも売上は前月比で10%アップを続けていた。

イエスグループに入って半年、僕は最短記録で主任になり、全てが順調に進んでいた。

しかしそんな時にこそ問題はやってくる。

『武内副店長がキャストとできてる』という噂話が一気に流れた。
武内副店長と言うのは、うちの店と同じフロアにある店の副店長だ。

石川さんとほとんど同期ということもあって、仕事が終わったあとよく石川さんと食事に行っていたのだが
僕のことも一緒に連れて行ってくれ、かわいがってくれた。

もしイエスの理想の上司アンケートなんてものを実施したら、間違いなくベスト3には入る人間だった。
そんな武内副店長がキャストと出来てるなんて、僕には全く信じられなかった。

が、その予想は見事に外れてしまった。

「あのバカ、本気でキャストに惚れたんだとよ。
 せっかくこれまで必死で築いてきたものが全てパーだよ。馬鹿な奴だよな・・・。」
石川さんは淋しそうだった。

この業界では絶対にやってはいけない御法度がいくつかある。

その一つがキャストに手を出すことだった。
どんなにお互いが本気だったとしても、それは絶対に許されない。

店にとって、キャストはあくまでも『商品』だ。
その商品に手を出すことは、「クビ」を意味していた。
副店長までなった人だから、それは覚悟の上だった。
私物をまとめ、店を出て行く時に言った武内副店長の言葉は僕の頭から離れなかった。

「周りの人間は騙す事が出来ても、自分を騙す事だけは出来ないよな。
 オレは幸せな家庭を持つのが夢だったんだよ。
 彼女とならそれが出来るかもしれない。
 だから一歩を踏み出したんだよ。」

そう言ってエレベーターに乗った。

「タカ、頑張れよ!お前は良いモン持ってるよ。」
「ありがとうございます。お疲れ様でした。」

僕はエレベーターが閉まっても、しばらく頭を下げていた。

=======================================

続きが気になるという方は
下の【拍手】【ツイート】【いいね!】をクリックして頂けると励みになります。
また、ブログやメッセなどで知人や友人に紹介して頂けると嬉しいです。

この物語が、あなたのお役に立てれば幸いです♪

読んで頂き感謝致しますm(_ _)m

=======================================

ブログランキングに挑戦中!
気になる順位は・・・

↓クリックすると見れまーす♪

ブログランキング 

ありがとうございますm(_ _)m
2013.05.23 Thu l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよオープンの日がやってきた。

店の名前は『COCOSELEB』
コンセプトは人妻マット。

世間は熟女ブームなのか、イエスで2店舗目の人妻店がオープンした。
滑り出しは上々だった。

「タカ、大丈夫か?」
「はい。まだまだ余裕ですよ!」
「3号室終わりだから、2番さん案内したら、昼メシ食べちまえ。」

オープンしてすでに3時間が経過していたが客が途切れる様子は無かった。
僕は3号室でサービスを終えたお客のお見送りをして、待合室にいたお客を案内した。

「番号札2番でお待ちのお客様、お待たせしました。
 それでは、ご案内となりますが、お手洗いのほうはよろしいでしょうか?」
「あっ、はい。大丈夫です。」
「それでは、注意事項をご確認させて頂きますので、こちらの扉の上の注意事項をご覧下さい。

一.当店では本番行為は禁止です。
  万が一そのような行為が発覚した場合は、サービスは終了し、退店させて頂きます。

二.キャスに対する引き抜きなどのスカウト行為があった場合は
  今後当グループへの入店の禁止、また迷惑料として50万円をご請求指せていただきます。

三.キャストの嫌がる行為を強要した場合、サービスを中止し、退店して頂きます。

 いずれの場合も代金の返金は行われません。

こちらの注意事項に関して、ご了承して頂けますでしょうか?」

実は、この注意事項の確認には理由がある。

この扉のガラスの部分が、マジックミラーのようになっていて
お客に注意事項を確認させている間に、キャストが客の顔を確認している。

万が一、客が顔見知りだったりすると、キャストは自分の部屋に戻り、受付にコールする。
お客を案内する時に一番緊張するのが、この扉を開ける時だ。

もし、扉の向こうにキャストが居なければ、それは「顔見知り」を意味している。
その時は、客にスタッフの手違いということにして、とりあえず謝るのだった。
幸い、僕はまだその体験をしたことはなかった。

「お待たせしました。それではいってらっしゃいませ。ごゆっくりどうぞ。」
そう言って扉を開けると、キャストが最高の笑顔でお客を迎えてくれた。

「初めまして。リエです。今日は来てくれてありがとうございます。こちらになります。」
リエはお客を自分の部屋へ案内した。僕は、この瞬間が一番ホッとした。

1週間ほど僕と石川さんとたった二人で店を回したが、そのあと新人が二人入り、店は4人になった。
最初の1週間は死ぬかと思うぐらい忙しかったが、4人体制になってからは一度も忙しいと思うことはなかった。

しかも、一番大変だったオープン最初の1週間をたった二人で乗り切ることが出来たと言うのが、自信にもつながった。
新人スタッフ二人とは、たった数ヶ月しか違わないが、その差は歴然だった。
入社3ヶ月にして、新人二人の指導係を僕は任された。

店のほうの客足は順調で、全部で15店舗ある札幌イエスグループの中でもベスト3に入る売上だった。

イエスでは、3ヶ月ごとに昇格チャンスがある。
『配属店舗の責任者の推薦がある、店が売上目標を達成している』
この二つの条件をクリアしていれば昇進試験を受けることが出来るが
僕はイエス初の入社3ヶ月で昇進試験を受けた人間になった。

店長会議で「早すぎる」という意見のほうが多い中
石川さん、細田店長、そして「泡蛍」の山村店長が僕を強く押してくれたらしい。

石川さんと細田店長の推薦は配属先の店長だからとあまり評価されなかったらしいが
全く関係の無かった山村店長の推薦は、他の店長たちの気持ちを変えるのに十分だった。

僕は見事に昇進試験に合格し、副主任に昇格することができた。

過去を変えることは絶対にできない。
しかし、過去の行動があるからこそ今がある。
もし未来を変えたいのならば、今の行動を変えれば良い。
そうすれば、未来は確実に変わる。
なぜなら、今の行動は未来から見れば過去にあたるのだから。

=======================================

続きが気になるという方は
下の【拍手】【ツイート】【いいね!】をクリックして頂けると励みになります。
また、ブログやメッセなどで知人や友人に紹介して頂けると嬉しいです。

この物語が、あなたのお役に立てれば幸いです♪

読んで頂き感謝致しますm(_ _)m

=======================================

ブログランキングに挑戦中!
気になる順位は・・・

↓クリックすると見れまーす♪

ブログランキング 

ありがとうございますm(_ _)m
2013.05.22 Wed l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
石川さんと一緒に新店をやるのはもちろん嬉しい。
何よりも自分を選んでくれたということが嬉しかった。

その期待にこたえたい。

でも、まだ入って一カ月しかたっていない自分に何が出来るのか。
考えれば考えるほど不安になる。
3週間後にはオープンする。
とにかくそれまでに少しでもレベルアップしなければいけない。

一応、一日の流れや一通りの仕事は全てみんなと同じように出来るようにはなった。
しかし、それは店がヒマな時の話だ。
忙しくなると、あきらかに違いが出るのがわかる。

自分だけが2テンポも3テンポも仕事が遅くなってしまう。
焦ればあせるほどミスが出て余計仕事が遅くなる。
この悪循環の繰り返しだった。

「時間が足りない。」
こんな気持ちになったのは正直初めてかもしれない。

「もっと成長したい」「絶対に新しい店を成功させたい」
そんな気持ちが日々強くなっていく。


『とにかく自分ができることを一つづつしっかりこなしていく』ことを心に決めた。


まず初めに始めたことは掃除をすることだった。
新しくオープンするお店は『マット店』。
そこで、マット店の掃除の仕方を勉強するために、系列店舗の『泡蛍』で修行することにした。

当然、業務の時間帯にやることは無理なので
自分の勤務終了後に「掃除の仕方を勉強させて欲しい」と『泡蛍』の山村店長にお願いした。

どの店もギリギリの人員でやっていたので、わざわざ自分から無償で掃除を手伝ってくれることに対して大喜びだった。

通常はベッドでサービスを行うのだが『マット』の店と言うのは
部屋全体がお風呂場の作りになっていて、ビニールベッドのようなものが置かれ
そこでキャストが自分の体を使いサービスを行う。

その時に、ローションを使うのだが、このローションが曲者だ。

サービスを受ける側にとっては、ローションは最高らしいが掃除をする方にとっては最悪だ。
と言うのも、掃除をする時は裸足でやるのだが、滑って何度転びそうになったかわからない。

掃除は想像していた以上に大変だった。
マットや壁にへばりついたローションはなかなか取れない。
デッキブラシを使って力強く擦ってようやく取れる。
コツを掴むまでに1週間もかかってしまったが、新店をオープンさせた時に、練習しておいて良かったと心から思った。
もし、練習していなかったら、掃除することだけでいっぱいいっぱいになりほかのことに頭が回らなかっただろう。

次に始めたことは、お客さんに対する接客だった。

この仕事を始める前は

「風俗で働いている人間なんて・・・、風俗に来る客なんて・・・」と馬鹿にしていた。

というよりも軽蔑していた。
ある日、店長に言われた言葉は僕のこれまでの価値観を覆すのに十分だった。

それまで僕は、口では、「人に迷惑をかけるような仕事でなければ良い仕事」なんて言っていたが
心のどっかでこの仕事に対して、後ろめたさを感じていた。

店長は最初からそれを見抜いていた。
「タカさぁ、誰のおかげでメシ食えてると思ってんの?
 お前が金を稼いでいるんじゃねーぞ。キャストが体張ってお金を稼いでくれてんだよ。
 そのお金はお客がキャストに対して払ってんだよ。それちゃんとわかってる?」

僕は何もわかっていなかった。

これまで、自分が頑張って働いているから給料をもらえているものだと思っていた。
僕に足りなかったもの。

それは『感謝の気持ち』。

自分だけが頑張っているという思い上がり。
それが常日頃の言動や行動、態度、全てに現れていたのだろう。

その日以来、僕はどんな事に対しても

『おかげさま』

という謙虚な気持ちを持つようになっていった。

=======================================

続きが気になるという方は
下の【拍手】【ツイート】【いいね!】をクリックして頂けると励みになります。
また、ブログやメッセなどで知人や友人に紹介して頂けると嬉しいです。

この物語が、あなたのお役に立てれば幸いです♪

読んで頂き感謝致しますm(_ _)m

=======================================

ブログランキングに挑戦中!
気になる順位は・・・

↓クリックすると見れまーす♪

ブログランキング 

ありがとうございますm(_ _)m

2013.05.20 Mon l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。