上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよオープンの日がやってきた。

店の名前は『COCOSELEB』
コンセプトは人妻マット。

世間は熟女ブームなのか、イエスで2店舗目の人妻店がオープンした。
滑り出しは上々だった。

「タカ、大丈夫か?」
「はい。まだまだ余裕ですよ!」
「3号室終わりだから、2番さん案内したら、昼メシ食べちまえ。」

オープンしてすでに3時間が経過していたが客が途切れる様子は無かった。
僕は3号室でサービスを終えたお客のお見送りをして、待合室にいたお客を案内した。

「番号札2番でお待ちのお客様、お待たせしました。
 それでは、ご案内となりますが、お手洗いのほうはよろしいでしょうか?」
「あっ、はい。大丈夫です。」
「それでは、注意事項をご確認させて頂きますので、こちらの扉の上の注意事項をご覧下さい。

一.当店では本番行為は禁止です。
  万が一そのような行為が発覚した場合は、サービスは終了し、退店させて頂きます。

二.キャスに対する引き抜きなどのスカウト行為があった場合は
  今後当グループへの入店の禁止、また迷惑料として50万円をご請求指せていただきます。

三.キャストの嫌がる行為を強要した場合、サービスを中止し、退店して頂きます。

 いずれの場合も代金の返金は行われません。

こちらの注意事項に関して、ご了承して頂けますでしょうか?」

実は、この注意事項の確認には理由がある。

この扉のガラスの部分が、マジックミラーのようになっていて
お客に注意事項を確認させている間に、キャストが客の顔を確認している。

万が一、客が顔見知りだったりすると、キャストは自分の部屋に戻り、受付にコールする。
お客を案内する時に一番緊張するのが、この扉を開ける時だ。

もし、扉の向こうにキャストが居なければ、それは「顔見知り」を意味している。
その時は、客にスタッフの手違いということにして、とりあえず謝るのだった。
幸い、僕はまだその体験をしたことはなかった。

「お待たせしました。それではいってらっしゃいませ。ごゆっくりどうぞ。」
そう言って扉を開けると、キャストが最高の笑顔でお客を迎えてくれた。

「初めまして。リエです。今日は来てくれてありがとうございます。こちらになります。」
リエはお客を自分の部屋へ案内した。僕は、この瞬間が一番ホッとした。

1週間ほど僕と石川さんとたった二人で店を回したが、そのあと新人が二人入り、店は4人になった。
最初の1週間は死ぬかと思うぐらい忙しかったが、4人体制になってからは一度も忙しいと思うことはなかった。

しかも、一番大変だったオープン最初の1週間をたった二人で乗り切ることが出来たと言うのが、自信にもつながった。
新人スタッフ二人とは、たった数ヶ月しか違わないが、その差は歴然だった。
入社3ヶ月にして、新人二人の指導係を僕は任された。

店のほうの客足は順調で、全部で15店舗ある札幌イエスグループの中でもベスト3に入る売上だった。

イエスでは、3ヶ月ごとに昇格チャンスがある。
『配属店舗の責任者の推薦がある、店が売上目標を達成している』
この二つの条件をクリアしていれば昇進試験を受けることが出来るが
僕はイエス初の入社3ヶ月で昇進試験を受けた人間になった。

店長会議で「早すぎる」という意見のほうが多い中
石川さん、細田店長、そして「泡蛍」の山村店長が僕を強く押してくれたらしい。

石川さんと細田店長の推薦は配属先の店長だからとあまり評価されなかったらしいが
全く関係の無かった山村店長の推薦は、他の店長たちの気持ちを変えるのに十分だった。

僕は見事に昇進試験に合格し、副主任に昇格することができた。

過去を変えることは絶対にできない。
しかし、過去の行動があるからこそ今がある。
もし未来を変えたいのならば、今の行動を変えれば良い。
そうすれば、未来は確実に変わる。
なぜなら、今の行動は未来から見れば過去にあたるのだから。

=======================================

続きが気になるという方は
下の【拍手】【ツイート】【いいね!】をクリックして頂けると励みになります。
また、ブログやメッセなどで知人や友人に紹介して頂けると嬉しいです。

この物語が、あなたのお役に立てれば幸いです♪

読んで頂き感謝致しますm(_ _)m

=======================================

ブログランキングに挑戦中!
気になる順位は・・・

↓クリックすると見れまーす♪

ブログランキング 

ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト
2013.05.22 Wed l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sya823.blog.fc2.com/tb.php/188-34d4dfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。