上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
武内副店長の件以来、僕は何か悶々としたものを感じていた。
借金は着々と減っているし、仕事にも満足はしている。
副店長への昇格も見えている。

それでも、何か物足りなさを感じていた。

学習塾を始めた理由は、『成功したかったから』だ。
今、イエスグループで確実にその成功の階段を上っている。
しかし、心は満たされていなかった。

そんな時に、フラっと立ち寄った本屋で一冊の本に出会った。
星野道夫さんの写真集だった。
その表紙にはこんな言葉が書かれていた。


『さまざまな人生の岐路に立った時、人の言葉ではなく
 いつか見た風景に励まされたりすることがきっとある』


本を手に取り、開くと、そこには見たことも無い大自然の景色があった。
その瞬間、僕は心を揺さぶられ、ハッキリと自分の気持ちを思い出した。


『海外に行きたい』


人の欲望は果てしない、と言うより、きっと満たされる事はないんだと思う。
満たしても満たしても、また新しい欲が生まれてくる。

それは、まるで穴のあいたコップに欲望という水を注ぎ混んでいるかのように。
それでも、満足を感じている人は当然いる。

違いはいったい何なのか?
僕はやっとその答えに気づいた。


『人は満足を求めようとするから、もっと満足したいと思い、満足だと思えば満足する。
 誰かが、何かが、自分の心を満たしてくれるのでは無い。
 自分で自分の心を満たすかどうかなのだ。』


4疊半の風呂無しで共同トイレの部屋に住み、車はもちろん、テレビすらない。
それどころか数百万の借金さえある。
普通なら、世の中の他人の生活と比較して、こんな「不幸な自分」に哀れみを感じるだろう。

しかし、僕はその生活に十分満足していた。
安心して寝る所があり、ご飯を食べる事ができる。
そして、仕事があり、何よりも素晴らしい友達や家族がいる。

人は生まれて、生きて、死ぬ。
ただそれだけだ。
自分を幸せにする方法は、自分が一番知っている。
本気で叶えたい夢に向かって、僕も一歩を踏み出した・・・。

=======================================

続きが気になるという方は
下の【拍手】【ツイート】【いいね!】をクリックして頂けると励みになります。
また、ブログやメッセなどで知人や友人に紹介して頂けると嬉しいです。

この物語が、あなたのお役に立てれば幸いです♪

読んで頂き感謝致しますm(_ _)m

=======================================

ブログランキングに挑戦中!
気になる順位は・・・

↓クリックすると見れまーす♪

ブログランキング 

ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト
2013.05.25 Sat l 高校教師の僕がホームレスでホストで風俗店員だったわけ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sya823.blog.fc2.com/tb.php/190-3aae2834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。